《バイバイ歯ぎしり》寝る時にマウスピースをオススメする5つの理由

スポンサーリンク
こだわりアイテム
歯ぎしりで悩む子羊たちへ。
どーも。子羊のベーグルです。笑
私事ですが、寝ているときに歯ぎしりしているみたいです。しかも、犬歯がすこ〜しずつ、“すり減っている”みたいなんです。これはショック。
私はいびきはかかないみたいなのですが、たまに歯ぎしりをしているらしく、歯医者さんに行った際にすり減っていると言われてしまいました。
いびきとか歯ぎしりって自分では気づかないよね。寝てるんだもん。笑
そこで前々から気になってて、やってみようかなと思ってたのが、
マウスピース(ナイトガード)です。
マウスピースで歯ぎしり対策
ナイトガードってなんかカッコいい響きですね。ゲームで出てきそうなネーミング笑
(マウスピースって「ボクシング」などの格闘スポーツしている方や、歯の矯正をして歯並びを整えている方、ホワイト二ングをしている方が使用したりするイメージですよね。)
早速、アマゾンで調べて一番レビューが多くて、安心できそうなマウスピースを試してみることにしました。

歯医者さんでもオリジナルのマウスピースを作成できるのですが、高いので今回は見送りました。歯医者さんで作成すると、自分の歯型に合わせて完璧に作ってくれるのでお金がある方はオススメです。プラスチック性で薄くて装着感も無くていいですよ。(体験済)調べると保険適用で5000円〜6000円ほどみたい。

スポンサーリンク

えらんだマウスピースはこれ!

EMILEADの歯ぎしりガード(2個セット)をアマゾンで購入

2個セットなので単価は1000円くらいですね。ちゃんと収納ケースも付いてます。お得です。

Amazonで一番売れているマウスピースみたいですね。レビューの数もめちゃ多くて評価もなかなかいいです。値段はもう少し安いのがありましたが、レビューを信じてこちらを購入!
アマゾンの口コミレビュー
■2019年1月現在
決め手は、
①レビュー数が多い。(安心)
②成型しなくていい。(めんどくさくない)
③圧迫感が少なそう。(違和感なさそう)
です。

Dr.Qolisの歯ぎしり防止マウスピース (型取りタイプ) も候補にあがりました

Dr.Qolisの歯ぎしり防止マウスピースと迷ったんですけどね〜。

値段も安くて自分の歯型に合わせて型取りするタイプなので良いかなと思ったのですが・・・お湯に浸けて型取りする手間がかかるし、レビューもそこまで多くなく。判断基準が少なかったので、こちらは保留にさせてもらいました。

次はこっちも試してみようかな。安いし。

EMILEAD 歯ぎしりガードはこんな感じ

やっぱり口の中に入れる物なので慎重に選びたいですよね。今回は勢いでコレにしてしまいましたが・・笑
マウスピースを検討している方は、質感や大きさなど参考にされてみてくださいね。
では行きましょう!

マウスピースで歯ぎしり対策

パッケージはこんな感じです。なかなかオシャレ。

マウスピースで歯ぎしり対策

中身を出してみた。収納ケースが2個付いてると思ったんですが、1個に2つのマウスピースが収納されてました。

マウスピースで歯ぎしり対策2

収納パッケージの中に、マウスピースが密閉個装されています。

マウスピースで歯ぎしり対策

思ったより小さい印象でした。手に簡単に収まる感じ。

マウスピースで歯ぎしり対策

ものさしを横に置くとサイズ間がわかりやすいですね。実寸で5cmくらいかな。素材はシリコンでふにゃふにゃしています。この奥歯の凸凹が耐久性を向上させているようです。

マウスピースで歯ぎしり対策

パッケージの裏面。このQRコードから説明書にアクセスできますね。説明書を入れるコストを抑えてて印象いいですね。まあ付けるだけなので説明書要らないかも・・笑

マウスピースを装着してみて良いなと思ったところ5つ

マウスピースで歯ぎしり対策

歯ぎしりでの「すり減り」への対策ができた

寝ている時間を8時間(ちょっと寝すぎ)としたら、1日の3分の1は寝てますよね。その時間をマウスピースで軽減させると、歯がすり減り時間も大幅に減らせることになります。(というかなんで歯ぎしりするんだろう・・)
起きている時間は歯ぎしりしないですが、食べたりするときに歯が少し削れています。
マウスピースによって「削れない」という安心感はアップしました!

被せ物(銀歯やセミラミック)への負担が減った

私は銀歯とセラミックが入っているのですが、歯ぎしりのダメージは大きいと思います。このマウスピースで少なからず、夜の時間は歯へのダメージを抑えることができました
被せ物をしていない方も歯へのダメージが軽減されるのでいいと思います。

いびきに効果的(旅行にも持ち運べる)

歯を固定するので、いびきにも少なからずいいのではないでしょうか。
(私はいびきをかかないので、何とも言えませんが・・)
かなりコンパクトなので、携帯性も抜群です。旅行の際にも邪魔にはならないと思います。

顎関節の負担が減った気がする

歯ぎしりをすることによって、顎に負担がかかっています。そのせいで眠りが浅くなったり、頭痛にもつながるみたい。私は偏頭痛持ちですが、もしかしたら「歯ぎしり」が原因かも。
良い眠りの為には良いと感じました。長期間使用してみて、また改めてレビューしますね。

小顔効果がある!

これは副産物ですが、小顔効果もあるみたいです!やった笑
「歯ぎしり」と「食いしばり」によって顎にかなり力が入るようで、エラが張って顔が大きくなってしまうようです。
私はまだ小顔になった!というまではなっていないですが、小顔効果を期待できるでのはないでしょうか。歯ぎしりをする方に嬉しいプラス効果ですね!女性にもオススメです。

おまけ:いびきと歯ぎしり解消でパートナーや家族への気遣いができる

いびきと歯ぎしりって「うるさい」ですよね。せっかくの睡眠時間を邪魔してしまいます・・
家族同士で寝ている方や、パートナー(カップル)と一緒に寝ている方は、いびきや歯ぎしりをしてしまって眠りを阻害しているかもしれません。自分では気づかないので、まず相手に聞いてみて改善すべきなら、ぜひとも取り入れてみてくださいね。おまけと書きましたが、この効果が意外に一番大きいかもしれませんね。。

マウスピースのデメリットは?

マウスピースで歯ぎしり対策

デメリットはやはり装着した際の違和感でしょう。
はじめて装着した時はめちゃくちゃ違和感がありました。
なんか装着感もふわふわしてカチッとフィットしない感じです。これで本当に大丈夫なのかなと最初は不安になったくらいです笑
でも起きたときに外れていたりすることはありませんでした。
口に異物が入ると最初は寝つきにくいです。はっきり言って邪魔です笑。でも装着していると慣れてくるので大丈夫でした。どうしても慣れない人はマウスピースはオススメではありません。
それと、装着すると少し口が半開きになるかも。最初の一日は違和感すごかったですが、普通に眠れました笑。これは意外でした笑
それと、マウスピースはすり減ります。完全な消耗品なので、すり減ったら新しいマウスピースを購入しないといけません。ランニングコストがかかるということですね。それでも年間数千円ほどなので歯を大事にするなら良い投資かも。

つけ終わった後のケアも忘れずに

寝ているときは唾液が減り虫歯菌の繁殖も多くなります。朝は口臭が気になりますよね。
寝ているときにずっと付けているマウスピースもかなりの虫歯菌や汚れが付いているので、毎朝軽めでもいいので洗浄しましょう。簡単に水洗いで十分みたいです。私は毎朝洗顔する際に5秒くらい水洗いして夜まで洗面所に置いてます。
歯磨き粉などで磨くのはダメ!ゼッタイ!笑
研磨剤が入っているのでマウスピースが削れてしまいます。

どれくらい保つのか(耐久性)

まだ付けはじめて間もないので、どれくらい耐久性があるのか正直分かりません。なので、どれくらいで消耗するか改めてレビューしたいと思います。
ただ、シリコン製なので丈夫でしっかりしているので耐久性はかなりあるのではないかなと思います。
もちろん、歯ぎしりの強さや頻度によって消耗度合いは人それぞれなので「ざっくり」したことしかお伝えできないのですが、一個人の使用レビューとして正直に書きたいと思います。
※ちなみに購入後30日間保証対応もあるみたいですよ。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました