貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか?

スポンサーリンク
貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか? ライフスタイル

どーも。断捨離ストのベーグルです。

「断捨離したい衝動」って急に起きてしまいますよね。キレイな部屋を見たり、ストレスが溜まったりすると急に発作のように起こってしまいます(笑

断捨離の中でふと目に止まったのが貧乏人は物に溢れている」という言葉。少しあらっぽい表現ですが・・・

今回は、貧乏人はモノが多いという件について個人的考察をしたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもなぜモノが多いのか?

貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか?

まずモノが多いというイメージですが、プラスとマイナスの両面のイメージがあります。

例えば、モノが多い人って「だらしない」「めんどくさがりや」「物持ちがいい」「ケチ」「部屋が汚い」「貧乏くさい」イメージですよね。(いいイメージ少なっ笑)

つまり、モノを捨てることができない人がどんどんモノが多くなっていく特徴なのです。捨てることができず、どんどん溜まっていってるのです。

だからモノが多いんです。

あげくの果てには「ゴミ屋敷」と呼ばれ、部屋がゴミとモノで溢れていってしまうケースも。モノが多いのは決して悪いことではないけれど、多すぎるとダメってこと。何事もバランスです。

モノを溜め込むと人は安心してしまう性質

貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか?

モノっていわゆる「安心感」を与えてくれます。

モノが多い人は「モノ」がある安心感に甘えて、そのままにしているのです。人間の性質的にモノが無くなる痛みよりも、モノが多く暮らしにくい方を選択してしまうのだと思います。しかもコワイのは、そのモノが多い暮らしに慣れてしまうと抜け出せない無限ループが待ってます。

モノを捨てれない→モノを買う→モノを捨てれない=モノであふれる

私も昔そうでした。やっぱりモノがあると安心するんです。「いつか使うだろう」とか「だれかにあげるために取っておこう」とか、考えて捨てれない。

全く何もない部屋よりも「モノが多い部屋」のほうが安心しますよね?本来人間ってそんな性質だなと思います。

捨てるという行為がそもそもめんどくさい

そして「捨てる」という行為自体をめんどくさがっているケースも多いのではないでしょうか。モノで溢れてしまって、さらに掃除をする気力がなくなる。まさしく思考停止!

負のスパイラルです(泣

お金がないとモノを捨てることができなくなる

貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか?

かなり本質に近づいてきた気がします。

人はお金がない(経済的にしんどい)状態になるとモノを捨てれなくなる傾向にあるのだと考えます。そこが「貧乏人ほどモノが多い」ゆえんだなと。

お金がない状態(貧しい状態)では、モノを捨てる勇気がなくなります。そして、お金がないという状況を避けたいがために、人は余分なモノを溜め込んでしまうのです。

貧乏な状態は人の心まで蝕む

貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか?

お金がない状態というのは、非常に精神的にもつらい状況。お金がないストレスによっていろいろと考える余裕がなくなります。つまりは焦ってパニック状態。取捨選択ができない精神状態。

そうなると、ゴミ屋敷と化した部屋に平気で住めるような感覚になってしまうのです。冷静に考えると異常ですよね。

私も支払いが多いときや、貯金残高が少ない時は心が貧しくなりました。お金の事に関して敏感になり、お金を出すのがイヤになってました。まさしく「ケチ」な状態ですよね(泣

そうなると、人は離れていきます。円の切れ目が縁の切れ目・・・(泣

お金持ちはどうなの?

貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか?

お金持ちでゴミ屋敷に住んでいるイメージって皆無ですよね。

そもそもお金持ちはモノを溜め込む必要がないんです。なぜかと言うと、経済的に豊かなのでいつでも必要なモノは購入することができます。(羨ましい・・・)なので、モノが必要ないんです。

それと、経済的に豊かだと精神的に余裕が生まれてモノに執着する必要がなくなります。そしてお金持ちは無駄を嫌います。無駄なモノにはお金を出さないのもお金持ちの特徴ではないでしょうか。

細かく言うと、お付き合いの上で部屋をキレイにする必要があったりだとか、逆にコレクターだったりするとモノで溢れたりしているんでしょうけども。

お金持ちは仕事の効率化をしている人が多いので、散らかっている状況を嫌うのもわかります。散らかった部屋だと、捜し物をする時間が増えて、作業効率がガクッと下がりますからね。

モノが少ないメリットはたくさんあるよ

貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか?

断捨離を押し付けるわけではないですが、私は断捨離していてよかったと思います。

断捨離のメリットはたくさんあります。

  • 部屋が広く使える
  • 捜し物の時間が減る
  • 部屋がスッキリしてキレイになる
  • 考えもスッキリする
  • 部屋が好きになる
  • 無駄な支出が確実に減る
  • お金の流れに敏感になる
  • お金が貯まりやすい性質になる
  • 人生を効率化できる
  • モノに執着しなくなる
  • 上質なモノを選ぶようになる

などなど、感じたメリットは大きいです。

これからも断捨離は定期的にしていきたいと思ってます。不要なモノはメルカリで売って現金化することもできますし、便利な世の中になりましたよね。

そのうち売るものすら無くなる可能性もありますが、私は物欲も強いほうなのでその心配は今のところしていません。ミニマリストではないので。

まとめ:貧乏から脱出するにはまず捨てよう

貧乏人ほど「モノが多い」のは本当なのか?

こんなこと書いている私ですが、まだまだ貧乏です。早く豊かになって余裕のある生活を送りたいと心から願ってます。簡単にできるのはやはり「あるものを捨てる」です。

火事で逃げ出す時に「とっさに持って行かないもの」以外は捨ててOKだと思います(笑

何事にも言えますが、整理することで生まれるアイディアを大事にしたいと思っています。あんまり知られたくないでしょうけど部屋(車の中)の状況はその人の経済状況のバロメーターになるかも。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました