《後編》結果を報告!賃貸対決!10年住んだマンションの家賃は下がるのか?

スポンサーリンク
ライフスタイル
家賃を下げたい方はこの記事を参考にしてみてくださいね。
どーも。ベーグルです。
現在の家賃を下げれるのか?ということで、マンションの管理会社へ交渉を試みました。
まずは、
《前編》賃貸対決!10年住んだマンションの家賃は下がるのか?交渉方法を公開!
支出の大半を占める「家賃」って下げれるなら絶対に下げたいですよね! どーも。家賃だいたい給料3割のベーグルです。 安月給サラリーマンには家賃の支出がデカイ・・ でも気に入ってるところには長く...
から読んでね。
スポンサーリンク

まずは結果から・・・家賃は下がりませんでした!

 

はい。家賃は下がりませんでした・・・泣

家賃「は」下がりませんでした。

 

はい!実は他に下がったものがあるのです。

下がったものは・・・契約更新手数料!!!

手数料が下がったー!

やったぜ!交渉した甲斐がありました!

 

なんと、マンション管理会社の2年ごとの「契約更新手数料」を免除してくれることになりました!

 

言ってみるもんですね〜〜〜〜♪
細かい値段等は伏せさせていただきますが、ざっくり1〜2万円くらいです。でかい・・・

 

しかも今回から自動更新に移り、以後契約更新手数料は発生しないという処理をしていただきました。担当の方、本当に感謝しています!

 

 

私のマンション状況を簡単に羅列します

 

・今回で5回目(住んで丸10年目)の更新
・これまで家賃交渉などは一切していない
・もちろん、これまで家賃の上げ下げもなし
・更新料もちゃんと払ってきました
・問題等も起こしていない(鍵は無くしたことあります)
・家賃の滞納等もなし
・空室は2部屋くらい

 

以上を踏まえて、もしもご自分に当てはまるようなことがあれば、交渉してみてもいいかもしれません。

 

※交渉等は完全に自己責任でお願いいたします。

 

 

今回の交渉の流れをまとめました

今回の家賃交渉の流れをまとめました

① 家賃交渉の書状をマンション管理会社へ郵送

家賃交渉の書状をマンション管理会社へ郵送
↓郵送した書状内容はこの記事を参考にしてみてください。

 

 

郵送して、担当さんから連絡が書状で来るだろうと思って待ってました。
なぜか郵送した時は「根拠のない自信」で安くしてもらえるだろうとテンションMAXでした笑

 

返信まだかな〜と楽しみに待っていました。

② 電話で断られる

 

数日後に担当の方から直接お電話いただき、
色々と検討させていただき、オーナー様とも話し合いさせていただきましたが、家賃の値下げは現状では厳しいという判断になりました」との連絡が。

 

その理由が、
・現在募集している部屋の賃料が現在の賃料とほぼ同じ
・10階以上に住んでいるので、本来は下の階よりも高い
・10年住んでいても、あまり意味なし・・泣

 

この時点でテンションはダダ下がり・・・「うそや〜〜ん・・・」と。
完全に出鼻をくじかれました。
とりあえず更新するか引っ越すかは考えさせていただき、また連絡させていただきます」と返答し、その日は寝ました。笑

③ 数日後に担当者へ再度交渉

 

諦めきれずに担当さんへ再度電話してみましたが答えは「NO」でした。

 

そして、伝家の宝刀である「契約更新手数料」を免除してほしいと交渉しました

 

家賃を一度下げると、ずっと賃料収入が減ってしまいますが、契約更新手数料なら一度下げるだけで、大きな痛手にはならないからです。

 

マンション管理会社やオーナーにとって、一番の痛手は「出ていかれること」ですからね。

④ 上司と検討して連絡しますとの返事

 

契約更新手数料の交渉をした際も、「そんな事例はいままでありませんので、厳しいです。でも一度上の者にも相談させていただきます。」との返答。

 

受け答え的に、「これは厳しいだろうな」と思いましたが、とりあえず言っとかないと後悔すると思ったので、念を入れてお願いしておきました。

 

後日、改めてお返事させていただきますと返事でその日は終了。

⑤ 数日後、担当者から契約更新手数料を免除させていただきますとの連絡

 

さらに数日後、担当さんから着信がありましたが、仕事と飲み会で出れず(おいおい)次の日に再度、ご連絡をいただきました。

 

担「上の者と相談させていただきましたが、今回は長く住まれているという点もありましたし、特例として契約更新手数料を免除させていただくことになりました。」

 

との返答が!

 

べ「おおおおお!」(完全に二日酔いでしたがバッチリ覚めました!)

 

べ「本当ですか?ありがとうございます!!!」

 

担「次回の更新より自動更新とさせていただきますが、今回は送付しております必要書類に押印していただき、送付いただけますでしょうか?」

 

べ「わかりました!色々とお手数おかけしてすみませんでした。」

なんでも「やってみて」よかった

 

結果として、家賃自体は下がりませんでしたが、「契約更新手数料」を下げてもらうことになりました。諦めずに粘って交渉してよかった。何度か本気で引っ越しを検討しましたが、今のマンションが気に入ってるので、あまり出て行きたくなかった。

 

それと、電話口では声を荒げたり、無愛想にしたり、文句を言ったりするのはNGです。
担当さんも人間なので、こんなヤツの家賃なんか下げてやらんと思われればそこで試合終了です笑
今回参考にした本は「家賃を2割下げる方法」です。(2割も下がらんかったけど笑)
PS:契約更新手数料って意外に言ってみると、免除されるケースが多いみたいですね。皆さんも一度交渉してみてはいかがでしょうか。
ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました